オールジャンル対応の写真・動画スタジオ|ジオ・イメージ・ワークス

写真撮影における光の重要性

写真撮影における光の重要性

同じ被写体を撮影した写真でも、光の強さや当てる角度によって全く印象の違う写真になります。広告などに使用する高品質な写真を撮影する場合は、光を上手く調節しなければなりません。

明るければ良いわけではない

デジカメやスマホを使って写真撮影をする際、なるべく明るい場所で撮影しようとする方がほとんどだと思います。ある程度の光がないと被写体がはっきり写真に写りませんが、ただ明るければ良いというわけではありません。人物を撮影する場合、光が強すぎると顔に陰ができてしまい、表情がきれいに写りません。また、蛍光灯や白熱電球など照明の種類が違うと写真のイメージも変わります。
写真の使用目的によって求められるイメージが異なるので、広告やネットショップで使用する写真は、光が自由にコントロールできる写真撮影スタジオでの撮影をおすすめします。

光の色は統一する

蛍光灯、白熱電球、太陽光、これらの光は全て違う色をしています。カメラは被写体が反射した光を写真におさめるので、異なる色の光が被写体に当たっているときれいに写りません。太陽光で撮影するなら他の照明は使わない、部屋の照明だけで撮影するならカーテンを閉めて外からの光を遮断するという風に光の色を統一することで、写真の仕上がりがきれいになります。
窓が一つもない撮影スタジオが多いのは、外からの光を遮断して光の色を統一するためです。

東京都新宿区にある撮影スタジオのジオ・イメージ・ワークスでは、ファッション写真や料理写真など様々な写真の撮影を行っています。被写体となるモデルのスタイリングやモデルの手配も行っており、高品質な写真を撮影することができます。都内で撮影スタジオをお探しの方は、ぜひジオ・イメージ・ワークスをご利用ください。